甲府市立 甲府商科専門学校

  • 会計情報科
  • 情報処理科
  • 学校紹介
  • 入学案内
  • 進路実績
  • 在校生・卒業生の声
  • 年間行事

HOME » 在校生・卒業生の声 » 資格・検定 合格者の声

資格・検定 合格者の声

全経簿記能力検定上級合格
廣瀬健太郎さん

私が全経簿記上級に合格できたのは、苦手だった分野を友人と切磋琢磨し、根気よく学習し続けることができたためだと思います。

私は、勉強してきた中で会計理論が苦手でした。会計理論は、試験においても重要な要素を占めているとともに、その内容が理解できないと、会計処理がどのように行われているのかを理解することができません。

理論学習をするうえで、よく「簡単に覚えられたら、苦労はしない。」と耳にします。確かに、私自身も理論を覚えることは大変でした。そのため、私は友人と互いに問題を出題しあい、「楽しく」覚える方法を試みました。その結果、「出題された問題には絶対に答えて見せる!」とモチベーションを維持しながら学習ができるようになり、自信をもって問題に取り組めるようになりました。

皆さんも簿記を学習するうえで、難しさを感じることがあるかもしれませんが、切磋琢磨できる仲間を作り、是非様々な試験にチャレンジしてみてください。

第185回全経簿記能力検定上級合格

平成28年度 会計情報科入学

応用情報技術者試験合格
小野雄二さん

応用情報技術者試験に合格することができたのは、ひとえに先生方の支援があったからです。

実務経験がない私にとって、応用情報技術者試験は「?」が続く問題ばかりで、勉強し始めの頃は何もわからず、挫折しかけました。しかしエンジニア経験がある先生や企業会計に精通した先生など、経験豊かな情報科・商業科の先生方が私を支え、応援してくれました。その応援に報いたい、恩返しをしたい、そんな気持ちがあったから頑張れました。

休日は公共の図書館で勉強するなど努力を怠ることはありませんでしたが、やはり「生きた授業・活かせる授業」があったからこそ、自己の演習・復習をスムーズに進められたと感じています。

毎日遅くまで私の指導をしてくださった先生方に、「合格」という結果を伝えられてよかったです。

経産省平成29年度秋期応用情報技術者試験合格

平成28年度 情報処理科入学

応用情報技術者試験合格
丹澤瑛穂さん

昨年の秋に基本情報に合格し、今春に応用情報へと挑戦することとなりましたが、とても厳しい道のりでした。

問題の難易度は格段に上がり、また午後は記述問題です。文章を書くことを苦手としている私は、これに苦労しました。しかし、時間をかけて勉強をしていくと、点が取れるようになってきました。これは、先生方が私にあわせた指導をしてくださったからだと思います。

また合格のために小さい目標を決め、それを達成するよう心がけました。私の場合は、絶対に空欄では出さない! が目標でした。

資格の取得は就活に有利になるだけではなく、様々な場面で自信に繋がると思います。最後に、指導してくださった先生方、応援してくれた友人たち、そして過去の私、本当にありがとうございました。

経産省平成29年度春期応用情報技術者試験合格

平成28年度 情報処理科入学

基本情報技術者試験合格
深沢好さん

私は、高校時代、普通科に所属していました。そのため、情報処理に関する知識は無も同然で、基本情報の勉強についていけるのか、不安でした。

実際、勉強を始めてみると聞きなれない用語はなかなか頭に入らず、午後問題の長文読解は時間内に問題を解き終えることもできず、とても苦労しました。 しかし、先生方は、私がわかるまで「どこを見ればいいのか、何を覚えればいいのか」を根気よく指導して下さり、次第に目標点数を超えられるようになりました。 また、一緒に基本情報に挑むクラスメイトとともに、放課後に残って勉強をしたり、課外に出席したり、同じ目標に向かって切磋琢磨したことも合格に繋がったのではないかと思います。

最後に、ご指導くださいました先生方、ありがとうございました。

経産省平成29年度秋期基本情報技術者試験合格

平成29年度 情報処理科入学

日商簿記検定1級合格
全経簿記能力検定上級合格

廣瀬史晃さん

私は高校時代から独学で簿記の勉強をしていて、専門学校では日商簿記2級を取得したいと思い入学しました。

入学した当初は資格取得が目標だったので、それほど深く簿記を理解しようとはしませんでしたが、勉強していくにつれ何故このような会計処理をするのかを知りたいと思うようになり、更に上の勉強をすることにしました。

簿記の勉強をするにあたっては、現在使われている会計処理を重点的に勉強し、次に試験で出やすい会計処理を勉強しました。この勉強法で大半の試験問題には対応することができました。

得意な論点、苦手な論点は人それぞれだと思いますが、ヤマを張らずに分からない論点が無いようにすることが試験合格において大切です。そして今回合格できたのは先生方の指導があったお陰です。ありがとうございました。

第143回日商簿記検定1級合格
第181回全経簿記能力検定上級合格

平成28年度卒業

日商簿記検定1級合格
全経簿記能力検定上級合格

福田明美さん

私は、甲府商科に入学するまで、社会人として働いていました。仕事をする中で、資格の重要性を感じ、自らのステップアップに何が必要か考えた時に、簿記が思い浮かびました。どうせ取得するなら、最高峰の日商簿記1級に挑戦したいと思い、県内専門学校で合格実績の高い甲府商科に入学しました。

勉強する上で、「納得」するのではなく、「理解」することに重点を置くように心がけました。講義内容は、必ずその日のうちに復習をし、「なぜこのような処理を行うのか」を考えながら、復習をしました。その結果、日商簿記1級と全経簿記上級にダブル合格することができました。

検定試験の合格は、理解するまで学習することが大事です。疑問に思ったことは、その場で先生に教えてもらい、自分の中に落とし込むようにするのが良いと思います。甲府商科に入学する皆さんには、是非様々な資格にチャレンジしてほしいと思います。

第143回日商簿記検定1級合格
第183回全経簿記能力検定上級合格

平成28年度卒業

応用情報技術者試験合格
間瀬愛里沙さん

基本情報技術者試験に合格してから約半年が経過し、今回応用情報技術者試験に合格することが出来ました。

応用情報は基本情報と違い、午後問題が記述式です。最初は戸惑いもありましたが、過去問題を繰り返し解いていくうちに、段々と答えられるようになりました。

勉強は、ただ答えや解き方を暗記するのではなく、この答えはどうしてこうなるのか?これが実務でどう影響するのか?など、解説をじっくり見て一つ一つの問題を深く理解することが大切です。

また、午後試験は必須問題以外の分野をいくつか選択して回答するので、自分の得意な分野を見つけ、その分野を重点的に学習することも合格への近道だと思いました。

今回合格出来たのは遅くまでご指導してくださった先生方のお陰です。本当にありがとうございました。

経産省平成28年度春期応用情報技術者試験合格

平成28年度卒業

応用情報技術者試験合格
戸泉航希さん

当初、会計の勉強を中心に学びたいと思っていましたが、情報処理を学習するうちにその内容に興味を持ちました。学習を進める中で、ITパスポートや、基本情報技術者試験等に合格したため、更にその上の応用情報技術者試験に挑戦することを決意しました。

試験は、午前と午後に分かれており、午前の問題は暗記する内容が多く、大変でしたが、ITパスポートや基本情報技術者と重複する分野もあったので、過去に学習した知識を土台として勉強を進めることができました。午後の試験は、記述式の問題を解答するため、すべての範囲に手を付けるのではなく、得意分野を中心に理解を深めました。

合格できた一番の要因は、「敵を知れたこと」だと思います。試験のポイントを知るために、先生方にその都度質問ができる環境が整っていた点が良かったです。

卒業後は、この知識を実務に生かすため、さらに努力を重ねていきたいと思います。

経産省平成28年度秋期応用情報技術者試験合格

平成28年度卒業

基本情報技術者試験合格
清水海里さん

私は中学生の頃からゲームを作成するクリエータになりたいと考えていました。甲府商科専門学校に入学し、Javaプログラミングや基本情報技術者取得に向けて学習を進めるうち、エンジニアという仕事に興味を持つようになりました。

エンジニア経験を持つ先生が、学習している内容が実務にどう繋がっているかという話をしてくれたことで、資格取得に向けて関心を持って取り組み続けることが出来ました。ただ暗記するだけの辛い学習ではなく、将来が楽しみになるような時間を過ごすことができました。

入学してから1年で基本情報技術者試験に合格出来たことで、自分に自信が付き、今、「エンジニアとしてこれからの情報化社会を支えたい」と思っています。

経産省平成28年度春期基本情報技術者試験合格

平成28年度卒業